2018年3月9日

ペットロスに苦しむ家族にあなたがしてあげられる事1/3

ペットロスに苦しむ方は少なくありません。

人生を共に過ごした愛犬を失うのはとても辛いことなので、すぐに立ち直るのは難しいことです。

ここでは、ペットロスで苦しんでいる家族を支えるためにできることについてご紹介します。

ペットロスの大きさ

落ち込む親子 愛犬が亡くなった時に喪失感を覚える飼い主は多いですが、ペットロスから立ち直るまでに必要な時間は人によって異なります。

ある程度の期間で立ち直れる人もいれば、長い間ペットロスの辛さから解放されない方もいます。

そして、ペットロスの大きさや必要な時間が異なるのは家族内でも同様です。

家族で飼っていた愛犬が亡くなってしまった場合であっても、ほとんどの場合で立ち直るまでの時間にギャップが生じます。

苦しんでいる家族に対して、「いつまで悲しんでいるんだ」などの配慮に欠けた発言があれば、家族間であっても亀裂が生じてしまうことがあります。

一緒に過ごした時間

ペットロスの大きさが異なる理由は、性格だけでなく、一緒に居る時間の長さ等も関係しています。

このことから、最も長くペットロスで苦しむのは、家に居る時間が比較的長い事の多いお母さんである場合が多いようです。

一緒に過ごした時間の長さに比例して、失ってしまったときの反動が大きく、喪失感を覚えます。

愛犬の死因に限らず、失ってしまったときの反動として後悔や自責の念が生まれます。

病気で失った場合であれば、「自分がもっと早く気付いてあげていれば」「自分が与えた食事に問題があったのではないか」「治療をしたことで辛い思いをさせてしまったのではないか」といった後悔や自責を繰り返します。

一緒にいた愛犬と、会えなくなる喪失感や自分を責める後悔の気持ちは、想像以上に大きいものです。

愛犬との別れは必ず訪れますが、ペットロスを克服するのは決して簡単なことではありません。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP