2017年12月21日

子犬が夜鳴きするワケは?理由と対策を解説1/2

新しく迎えた子犬が、夜鳴きをして困っている飼い主の方は少なくないのではないでしょうか。

何時間も鳴き止まないケースもあり、翌朝には仕事がある、という家族にとって深刻な問題です。

そもそも、どうして子犬は夜鳴きするのでしょうか?ここでは子犬が夜鳴きする理由と、すぐに実践できる鳴き止ませる対策を解説します。

子犬が夜鳴きする時に考えられる理由とは?

①寂しい気持ちの表現

上に向かって鳴く子犬 生後3か月を過ぎた頃の子犬といえば、基本的な犬の生活を覚えたばかりの時期です。

右も左も分からない場所に突然連れてこられたら、人間でも寂しくて泣いてしまいます。

それと同じように子犬も、夜ひとりきりにされたら寂しさから夜鳴きするのです。

犬はもともと集団生活をする性質があります。

鳴くことで自分の感情を表現するので、子犬が鳴く理由をしっかり理解してあげることが大切です。

②環境に慣れていない

4匹の子犬 新しい家族の元へやってきた子犬にとって、いままで暮らしてきた場所とは違う所で暮らすのはストレスを感じる場合があります。

また狭すぎる、広すぎるといった物理的な環境への不慣れも夜鳴きさせる原因になります。

子犬がソワソワしてあまり落ち着けないようであれば、クレートを使って、子犬のためだけの静かな空間を作ってあげるのが効果的です。

環境に慣れない場合にはまず、子犬が安心できる環境を整えるのが最優先です。

③体力が余っている

大きなボールで遊ぶ子犬 日中、仕事のため犬の相手をしてあげられない場合などに考えられます。

特に子犬は、人間の想像している以上にエネルギーを持っています。

そのため一日中、家の中で留守番している子犬の体力が有り余って、寝られないのかもしれません。

子犬を夜ぐっすり眠らせるためには、十分な運動量が必要です。

④体調不良

ボールで遊ぶ2匹のゴールデンの子犬 子犬の夜鳴きする理由は、寂しい・甘えなどが多いです。

しかし時には、お腹が痛いなどの体調不良が理由である場合もあります。

家族に迎えたばかりの頃は、子犬の異変が分からないこともあると思います。

明らかに様子がおかしい、ぐったりして食欲がないといった症状があったら、体調不良による夜鳴きです。

こまめに様子を見て、あまりひどい場合は動物病院に連れていきます。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク




Qpet協力ドクターの紹介
カテゴリー一覧

PAGE TOP