2018年2月3日

春に犬が快適だと感じる湿度や温度とは?1/2

日本は四季が明確ですから、季節それぞれの楽しみ方も様々ですよね。

しかしながら、それぞれの季節ならでは悩みや不快な一面、注意すべきことというものも存在します。

それは犬にとっても言えることですが、つい見落としがちで気づいてあげられない場面もありますよね。

今回は、四季の中の「春」を中心にして、犬にとって快適な温度や湿度、その対策に関して伝えていこうと思います。

犬にとって快適な湿度や温度とは?

布団からお尻だけ出ている犬 犬にとって最適な温度は一般的には22℃、湿度は60%程度いわれています。

しかし、犬の体格や年齢、体質によって多少の差があり、温度は22℃〜26℃、湿度は50~60%となります。

犬の平熱は37.5~39度で小さな体の犬は高め、老犬や大型犬は低めとされており、気温差1度でも個体による感じ方は様々です。

温度に関しては老犬や子犬は体力もないので大型犬よりも1度低く設定するだけで相当体は楽になります。

犬は暑すぎれば舌を出すなどして温度調節をしますが、犬は暑さに弱く、寒さには比較的強い動物です。

とはいうものの、小型犬や子犬、老犬は体力も少ない上に抵抗力も弱いので、少しの気温差でも風邪をこじらせ重症化する場合がありますので注意が必要となります。

春の季節の特徴について

遠くを見つめるアメリカンコッカー 特に春先は季節の変わり目によって体調も崩しやすく、感染症の心配も出てきます。

雪国では冬は雪に覆われていた路面が顔を出し、蓄積されていた目に見えない粉塵が舞っていますし、植物が芽を出し始めることによる花粉などの心配もあります。

人間にとっても一年の中で最も空気の質が変わる季節だと言っても過言ではありません。

また、人間からすると春は少しずつ暖かくなっていくように感じるものですが、犬にとっては暑さに体が慣れておらず、実はほんの少しの気温上昇でさえ、体には大きな負担がかかっています。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク



PAGE TOP