2017年12月1日

愛犬と船に乗れる?船旅の航路から準備方法までご紹介

ゴールデンウィークなどの連休にお出かけする際、愛犬も一緒に連れて行きたい飼い主も少なくないのではないでしょうか。

「愛犬と船旅をしたい」、「お出かけ場所には船で移動が必要」といった場合があります。そんな時に諦める必要はありません。

犬の乗船が禁止されていることもありますが、中にはペットの同伴も可能な船もあります。

ここでは犬同伴で利用できる航路や犬と船旅をするときに必要な準備、犬の船酔いへの対処法などをご紹介します。

犬との旅行で利用できる航路

犬が船から海を眺めている様子
犬を連れて乗ることのできる船は限られています。

愛犬と船旅を楽しむときには犬同伴可能な航路を調べる必要があります。

ここでは、犬と一緒に乗れる船を一部をご紹介します。

さんふらわあ

http://www.ferry-sunflower.co.jp/index.html

※対象のリンクをクリックすると外部サイトへジャンプします。

フェリーさんふらわあには、「大阪⇔別府」「神戸⇔大分」「大阪⇔志布志(鹿児島)」の3つの航路があります。

これら全て航路でペットルームを完備しているので愛犬を預けることができます。

料金は1ケージあたり2,000円で、面会時間は朝5時半から夜10時までとなっています。

そして、神戸⇔大分航路の「さんふらわあごーるど」と「さんふらわあぱーる」には「ウィズペットルーム」が設けられており、この客室ではペットと一緒に過ごすことができます。

ウィズペットルームには2人部屋と4人部屋の2種類があり、ペットを乗船させるときの料金は旅客運賃にプラスして8,600円(繁忙期は12,600円)となります。

津軽海峡フェリー

http://www.tsugarukaikyo.co.jp/lp_honsyu/?gclid=EAIaIQobChMIsPKu0cDE1wIVVwUqCh2yJQkjEAAYASAAEgJnb_D_BwE

※対象のリンクをクリックすると外部サイトへジャンプします。

津軽海峡フェリーは、函館と青森、函館と大間の航路があります。

全船舶で「ドッグルーム」「プライベートドッグルーム」「ドッグバルコニー」などの犬用設備を用意しており、愛犬と一緒に快適な船旅が楽しめます。

ドッグルームには犬を預けることができ、体重20㎏以下の小型犬および中型犬が対象となります。料金は1匹あたり、函館⇔青森航路で1,020円、函館⇔大間航路で820円となります。

プライベートドッグルームでは、愛犬と一緒に室内で過ごすことができます。こちらは大型犬の同伴も可能で、体重は30㎏までとなっています。

料金は1部屋あたり12,340円で、これの他に車両・旅客運賃も必要となります。

そして、ドッグバルコニーが完備されているのが津軽海峡フェリーの魅力の一つです。

スペースを無料で利用することが可能なので、愛犬を遊ばせることができます。

なお、冬季および悪天候の場合は閉鎖される場合があるのでご注意ください。

犬と船旅に出るときの準備

船に乗った犬が飼い主を見つめている様子 犬と船旅をするときには前準備が重要です。

後から困らないようにしっかり準備するようにしてください。

運航会社の規約を確認する

犬の乗船を許可していても、運航会社によって細かな条件は異なります。ケージの大きさや集合時間などをあらかじめ確認しておきましょう。

持ち物は念入りにチェック

水やフード、トイレシーツなどを持っていきましょう。長時間遊べるおもちゃなどもあるといいかもしれません。

体調管理をしっかりと

船内で犬が体調を崩しても、運航会社側は責任を負えません。いつもと違う環境になるので、体調管理には細心の注意を払ってください。


犬が船酔いへの対処法は?

飼い主が愛犬の顔を包み込んでいる様子 船に慣れていない犬の場合、船酔いしてしまうことも十分に考えられます。

万が一吐いてしまったときのために、ビニール袋などは必ず用意していってください。ウェットティッシュなどもあると掃除するときに便利です。

しかし、船旅の難しいところは船酔いしたからといって降りて休憩することができないところです。酔って辛そうにしている愛犬をみるのはつらいものです。

やはり、一番は船酔いしないように対策することです。可能であれば動物病院に行き、愛犬のための酔い止めをもらうようにしましょう。

まとめ

犬が船の上から何かを見つめている様子 愛犬との船旅は楽しみですが、準備が不十分だと愛犬につらい思いをさせてしまいます。

愛犬と一緒に乗船するときには、必ず事前準備をしっかりと行いましょう。

愛犬との船旅で、最高の思い出を作ってください。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP