2018年2月12日

老犬(シニア犬)の夜泣きがひどいのは何が原因?1/2

犬を飼っている人の中には、老犬の夜泣きで悩んでいる人も少なくありません。

老犬の夜泣きは、飼い主にとって辛いものでもありますが、犬自身にとっても、辛く決して楽なものでもありません。

今回は、対策を含めて原因から詳しく解説していきます。

老犬の夜泣きと認知症は大きく関係している?

伏せてどこかを見るゴールデン 犬に限らず、人も老化が進むと認知症を発症する恐れがありますが、認知症は老犬にも起こる病気のひとつです。

老犬が認知症になった場合には、主に以下のような症状が起こります。

・夜泣きをするようになる
・トイレの失敗が増える
・徘徊するようになる
・フラフラしている
・攻撃的、または甘えん坊になる

これらが、老犬の認知症のサインと言われていますが、夜泣きをする老犬は認知症の可能性が非常に高いため、早めに病院へ連れて行き、専門の医師に相談しておくことが大切です。

また多くの場合、老犬の夜泣きは精神的な負担が原因となるので、精神を安定させることを目的に、抗うつ剤や抗てんかん剤が処方されます。

老犬(シニア犬)が夜泣きをする原因とは?

こちらを見つめる犬 老犬のトラブル症状に多い夜泣きですが、これは子犬や成犬にも起こりうる生理現象で、その場合は低く唸る鳴き声なのが特徴です。

また、場合によっては何時間も夜泣きが続くケースもあり、家族の睡眠を妨げるなど、飼い主がノイローゼや寝不足になるケースも少なくありません。

体の痛み

老犬になると、人と同じように関節の節々に痛みが出てくることがあり、夜になると体の痛みで夜泣きをすることがあります。

今では、そんな老犬のためにサプリメントが販売されているので、散歩のときに歩き方がおかしい場合は、専門の医師に診てもらい、相談した上で試してみるのも良いでしょう。

不安

床に伏せる犬 老犬は、どうしても耳が遠くなり、目も見えにくくなってきます。

そのため、精神的に不安定になりやすく、その不安から夜泣きや無駄吠えをすることがあります。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク




PAGE TOP