2017年6月9日

【獣医師監修】犬が下痢を起こした時の原因と対処法1/3

監修にご協力いただきました!

奥田一士先生

ゆめ動物病院  院長

2003年 日本大学生物資源科学部獣医学科卒業後、都内動物病院、日本獣医生命科学大学動物医療センター研修医

2011年4月17日 ゆめ動物病院開設

[公益社団法人東京都獣医師会大田支部 大田獣医師会所属]

犬は人のように言葉で伝えることができないため、愛犬の体調が悪い時、飼い主さんが気付くことができるサインの一つが「うんちの状態」です。うんちの形・色・柔らかさ・におい・血液の有無など、うんちには様々な情報が詰まっています。

うんちの異常で一番みられるのが「下痢」です。「下痢」といっても、様々な症状、様々な原因があります。どんな下痢なのかを見極める事が良くなるための第一歩です。

犬の下痢の症状はどんなものがある?

フレンチブルドッグの画像 「下痢」は症状や原因によって、「急性小腸性下痢」、「急性大腸性下痢」、「慢性小腸性下痢」、「慢性大腸性下痢」に分けられます。

急性型”と“慢性型”の違い

“急性”は急激に症状が現れるもので、多くの場合、短期間の対処療法の治療となります。“慢性”とは、さまざまな対処療法を行っても治りが悪いような状態を言います。急性の下痢ももちろんですが、慢性の下痢の場合は原因を究明し、正しい治療を受ける必要があります。

小腸性下痢とは

小腸の役割は、酵素を分泌することで食べ物の消化を助けること、栄養素や水分を吸収することです。そんな小腸が原因で起こる下痢のことを指します。

<特徴>
・1回のうんち(便)の量が増える
・うんち(便)が黒くなる
・吐き戻しがみられる
・体重減少が認められる

大腸性下痢とは

水分を効率よく吸収し、固形のうんち(便)をつくる役割を担う大腸が原因となり起こる下痢です。

<特徴>
・うんち(便)の回数が増える
・1回のうんち(便)の量は少ない
・うんち(便)に新鮮血がつく
・しぶりがみられる

すべての症状が現れるわけではないですが、どのようなうんち(便)をしているか観察することは原因追究のヒントになり、それが治療に繋がっていきます。獣医師に状態を正しく伝えるためにも、愛犬のうんち(便)に異常があればその状態をメモしておくといいでしょう。

愛犬がこんな下痢をしていたら要注意!

横になっている犬

仔犬が下痢をしていて、元気がない

仔犬が下痢をする原因として多いのは、寄生虫性、ウイルス性などの感染症です。
特に、ウイルスが原因で下痢をしている場合、下痢以外に嘔吐、食欲不振を伴っていることが多いので、早期の治療が必要になります。少し様子を見ていると、脱水症状が悪化したり、低血糖状態になったりして、命の危険にさらされることも少なくありません。

また、感染症ですので、同居に他の犬がいる場合は隔離をすることで、感染を防ぐことができます。

下痢以外の症状もある

急性かつ下痢しか症状が現れない場合は、一過性の下痢である場合が多く、絶食や食事管理をきちんとすることで治ることもあります。しかし、下痢以外に、嘔吐や食欲不振、元気消失が伴っている場合は、お家での食事管理だけでは治すことができないケースも多くなります。そんな時は獣医師に相談して、きちんと原因を追究した上で治療にあたった方が良いでしょう。

治っても下痢を繰り返す

「治療をすると一旦良くなるけど、また下痢を繰り返す……」という場合は、何か病気が隠れている可能性があります。状況によっては、血液検査・レントゲン検査、エコー検査、内視鏡検査など様々な検査をすることで原因が分かることがあります。下痢は体質だと決めつけず、繰り返す場合は動物病院でしっかり原因を追究してもらいましょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP