2018年4月18日

【獣医師監修】犬も花粉症に注意!鼻ではなく皮膚に症状が出るの?1/2

監修にご協力いただきました!

小竹正純先生

多摩獣医科病院  院長

2002年麻布大学獣医学部獣医学科卒業

2006年多摩獣医科病院 勤務

2016年多摩獣医科病院 院長就任(現在に至る)

[川崎市獣医師会、日本小動物歯科研究会、再生医療研究会所属]

実は、花粉症は犬も発症するってご存知でしたか?

犬の花粉症の場合、鼻水やくしゃみよりも別の症状が目立つため気づかないままの方もたくさんいらっしゃいます。

犬の花粉症の症状は「人間とは違う」!

花を見つめる犬 人間の花粉症というと、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目の症状などが一般的ですよね。

そのメカニズムは以下のようになっています。

人間の花粉症で「くしゃみ」「鼻水」が目立つ理由

1.花粉が鼻や目から入り込む
2.リンパ球が花粉を侵入者と認識し、それによりリンパ球がIgEという抗体を作る
3.この抗体ができた後、粘膜に特定の花粉が付着することで肥満細胞の中から炎症を引き起こす物質(ヒスタミンなど)が分泌される

花粉をできる限り体外に排出しようとするため、くしゃみ、鼻水、涙などの症状が出るのです。

犬の花粉症は「皮膚」に表れる

犬の花粉症の場合、くしゃみや鼻水などの呼吸器症状が出ることはほとんどありません。

犬の花粉症の症状は、主に“皮膚症状(アトピー)”としてあらわれます。

なぜ犬は鼻炎のような症状があまり起こらないのでしょうか。

犬の鼻の粘膜には“肥満細胞”の分布が少ないため人間のような呼吸器症状を起こすことはほとんどないという説や、犬の鼻は色々なものに対し過剰に反応しない仕組みになっているとも言われています。

しかし、その理由については未だ明らかになっていません。

人間の花粉症といえばスギ花粉が大半を占めていて、ヒノキ、イネ科など複数の花粉に反応することが多いようですが、犬は主にイネ科、キク科の植物に反応します。

そのためお散歩で草むらを歩いたあとに、目の周りが赤みを帯びて痒みが出たり、お腹に湿疹ができたりすることがあります。

花粉症になる犬は「皮膚疾患」にかかりやすい?

目の周りを拭かれるチワワ 犬の花粉症は、花粉をアレルゲンとした「アレルギー性皮膚疾患」が主になります。

よって花粉症である犬は、花粉に限らずほかの様々なアレルゲンに反応することが考えられます。

なぜならアレルギー症状は単体でなく、複数のアレルゲンによって引き起こされるものだからです。

つまり言い換えると、花粉症になる犬=アレルギー性皮膚疾患になりやすい犬、となるのです。

花粉症になりやすい主な犬種は、ウエストハイランドホワイトテリア、フレンチブルドッグ、ワイアーフォックステリア、柴犬、シーズー、ゴールデンレトリーバー、ラブラドールレトリーバー、Gシェパード、マルチーズ、プードルなどが発症しやすい犬種と言われています。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP