2017年6月30日

【獣医師監修】犬の外耳炎は気づきにくい?飼い主が注意すべきこと1/3

監修にご協力いただきました!

2009年 日本大学生物資源科学部獣医学科を卒業、その後札幌市内の動物病院を経て

2015年 アイリス犬猫病院開院
[日本獣医循環器学会、日本獣医がん学会所属]

「愛犬が耳や首を頻繁にかくけど、これって何か意味があるの?」と思っている飼い主のみなさん。

それはただの痒みでなく、耳の病気のサインかもしれません。特に耳の毛が長い犬や、垂れ耳の犬は耳の通気性が悪いので注意が必要です。

普段あまり気にすることがないかもしれませんが、ぜひ一度、愛犬の耳の状態をチェックしてみてください。

犬の外耳炎の症状って?

後ろ足で耳をかくゴールデンレトリバー

初期症状

・しきりに首をかく

犬が後ろ足でしきりに首を掻いている場合、耳の痒みを感じている可能性があります。

犬は耳をかいているつもりかもしれませんが、ピンポイントで耳をかくことが難しいようで、首をかいているように見えます。

飼い主には「首が痒いのか」と思われ、耳の異常に気づかれないケースがあります。

・頭をふる

足で耳をかくほかにも、耳の中の痒みや痛みによって頭をふる場合もあります。これはシャンプーをした後の、ブルブルと頭を振る行動と同じです。

大型犬の場合、頭を振り過ぎることで耳の軟骨の血管が切れ別の病気を招くことにもなりますので、しきりに頭をふっているようであれば獣医師へ相談しましょう。

・床や壁に頭をこすりつける

耳の中の痒みや傷みから、床や壁に頭をこすりつける場合もあります。
日常的な行動に見えるかもしれませんが、犬からのサインでもありますので見逃さないようにしましょう。

さらに進行すると

耳を獣医に触られているゴールデンレトリバー

・耳だれが出る

健康な犬の耳垢は黄色っぽく、臭いやベタつきもなくポロポロとしています。外耳炎が進行すると、ドロッと膿のような耳だれが出るようになります。

・耳の中から出血

耳の中から出血することもあります。耳の中に、できものができている場合、痒みによって足の爪で掻きこわしてしまったなどの原因が考えられます。

・臭いがある耳垢がたまる

細菌や真菌が繁殖することで、臭いが発生し粘り気のある耳垢が溜まります。

・外耳道の皮膚が厚くなる

耳介から鼓膜に繋がる道を「外耳道」と呼びます。炎症を繰り返すことで皮膚が徐々に厚くなり、外耳道が狭くなります。最悪の場合、塞いでしまうこともあります。

・痛みが伴い、頭部を触られるのを嫌がる

外耳炎が、さらに悪化すると痛みが伴います。そうなると、ほとんどの犬は飼い主に頭部や耳を触られるのを嫌がるようになります。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP