2017年6月13日

【獣医師監修】犬の生理期間はいつまで?気になる症状も解説!1/3

監修にご協力いただきました!

櫻井洋平先生

BiBi犬猫病院  院長

2008年3月 麻布大学獣医学部獣医学科卒業

2008年4月〜2013年11月 横浜市内動物病院勤務

2011年4月〜2015年3月 麻布大学附属動物病院 腎泌尿器科・外科 専科研修医として研修

2013年12月〜2015年5月 千葉県内動物病院勤務

2015年7月〜2016年2月 宮城県内動物病院勤務

2016年11月〜 仙台市にBiBi犬猫病院を開院

これからメス犬をお家に迎えようと考えている皆さん、犬にも生理があるのは知っていますか?生理といっても、人の生理とは大きく異なります。

「基本は人と同じでしょ?」と誤った認識で対処していたら、望まない妊娠をさせてしまったなど、予期せぬことにもなりかねません。

犬の「生理」について正しい知識を身に付けて、愛犬のことをもっと理解できるようになりましょう。

犬の生理と人間の生理は少し違う?

「生理」は人でも起きますよね?実は、犬の「生理」と人の「生理」は仕組みが大きく異なります。

人の生理は、約1か月間隔でやってきます。その仕組みは、卵巣から卵子が排卵されると、黄体というものに変化します。

その黄体からプロジェステロンという性ホルモンが分泌され、妊娠に備えて子宮の粘膜を肥厚させます。

この時、精子と受精した受精卵が着床しなかった場合、この肥厚した子宮粘膜の一部が剥がれ落ちて、出血します。

つまり、妊娠しなかった時の出血が人の「生理」です。

一方、犬の生理(ヒート)は年に1~2回の間隔でやってきます。その仕組みは、排卵に備えて卵胞からエストロジェンという性ホルモンが分泌されます。

このホルモンの影響で、妊娠に備えて子宮が充血し、その充血した子宮の粘膜から溢れ出た血液が陰部から出ます。

つまり、犬の「生理(ヒート)」は、妊娠に向けて準備をしているという状態です。

同じ外陰部からの出血でも、人と犬では仕組みと意味合いが大きく異なります。

この事を理解していないと望まない妊娠をしてしまう事があるので、注意して下さい。

犬の生理(ヒート)の症状について

愛犬と向き合って座る女性 ヒートとは、次でお話する発情前期の期間を一般的には言います。ヒート中は、外陰部がぷくっと腫れ、陰部から出血します。

この出血量は、個体差があり、多い犬もいれば、飼い主が気付かない程、少ない犬もいます。

少ない犬の場合は、自分で血を舐めとってしまうので、おしりの方をよく気にしている場合、ヒートの可能性があります。

その他、おしっこの回数が増え、マーキングをするようになります。

また、そわそわ落ち着きがなくなったり、食欲がなくなったり、吐き戻しや下痢をしたりすることもあります。

この時期のおしっこには、オスを誘うフェロモンが含まれているの、オスが寄ってくるようになります。なので、お散歩の時には注意しましょう。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP