2017年7月20日

【獣医師監修】犬の膵炎とは?症状、原因、治療法について1/3

監修にご協力いただきました!

小竹正純先生

多摩獣医科病院  院長

2002年麻布大学獣医学部獣医学科卒業

2006年多摩獣医科病院 勤務

2016年多摩獣医科病院 院長就任(現在に至る)

[川崎市獣医師会、日本小動物歯科研究会、再生医療研究会所属]

「愛犬にも美味しいものを食べさせてあげたい!」

質の良い食事やおやつが増えたことにより、飼い主の食事管理に対する意識の差が愛犬の体型にあらわれやすくなったように思います。

犬にも糖尿病や高脂血症、高コレステロール値の上昇などで現代病になりそこから引き起こる病気もあります。

犬の膵炎で見られる症状とは?

顔を伏せる犬 犬の膵炎は、多臓器不全や重篤な感染症、膵機能障害を引き起こす病気です。

膵臓は血糖値を下げるホルモンの分泌をして生きていく上で大切な臓器の 1 つで、膵臓が炎症によって機能を果たせていない場合、糖尿病のリスクも高まります。

犬の膵炎には人も同様、「急性膵炎」「慢性膵炎」の 2 つ存在します。次の項目の中で当てはまる症状があれば膵炎の可能性が高いと診断されます。

急性膵炎

・腹痛
・腰痛
・発熱
・食欲の低下
・元気がなくなる
・嘔吐
・下痢

<重症の場合>

・浅速呼吸(呼吸が荒くなる)
・血圧の低下
・脱水症状
・粘膜の黄疸

急性膵炎の場合、突発性であることが多く、腹痛・発熱・食欲の低下・嘔吐・下痢・浅速呼吸・血圧の低下などといった症状がみられ、下痢や嘔吐を繰り返すことによって脱水症状を引き起こし、重症の場合にはショック症状に陥り命に関わる病気です。

慢性膵炎

・腹痛
・腰痛
・下痢
・嘔吐
・食欲の低下
・粘膜の黄疸

慢性膵炎は急性膵炎に見られる症状が断続的に続き常に下痢や嘔吐といった症状を繰り返します。治療を行わず放置してしまうと、重症化してしまい命に関わる怖い病気です。

膵炎は、激しい腹痛を伴い犬は猫背のような体勢で丸まったり震えたり、お腹の激痛で横になって眠れないといった症状がでます。

次に、犬の膵炎の原因について細かく説明します。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク



PAGE TOP