2019年3月13日

犬が眠い時に見せる6つのしぐさ1/2

愛犬のあの行動はなんだろう…そう思ったことはありませんか?

犬の行動の中でも、特に「犬が眠い時」に多く見せる行動を6つ紹介します。

犬が眠い時のしぐさ① 口をもごもご、くちゃくちゃする

眠そうなハスキー
ご飯を食べたあとでもないのに、なんだか満足げな表情で口を動かしていることがありますよね。

舌を使ってもごもご…これは犬が落ち着いて心地よい気持ちでいる証拠です。

子犬時代、母乳を飲んで満腹になったら寝るという習慣からと言われています。

母犬の母乳は少し粘り気があるため、口をもごもごして口内の掃除をしているというわけです。

しかしこの行動をご飯の後や眠そうなとき以外でみかけたら要注意です。

歯周病などの口内の病気、異物誤飲、成長期や老犬なら歯が抜ける可能性がありますので、少しでもおかしいなと思ったら愛犬の口内をチェックしてあげましょう。


犬が眠い時のしぐさ② 深呼吸やため息

食事後や散歩から帰って落ち着いた頃、肺いっぱいに空気を溜めて細く長くふぅーと息を吐く姿を見かけます。

もちろん疲れがあるときや心配事、ストレスを抱えているときにもこの行動はしますが、寝床で横になりみるからに満足そうに息を吐いているならそれは「寝ます」というサイン。

ただし、鼻ではなく口から息を吐いたり、立位や座位の姿勢で頻繁に深呼吸やため息をしていたら体調不良を疑うようにしてください。



犬が眠い時のしぐさ③ 身体の一部をくっつける

飼い主に寄り添うジャックラッセルテリア
ソファや床に座っている時、いつの間にか近づいてきて頭を乗せたりお尻だけくっつけたり甘えん坊になることはありませんか?

前足や頭をぐいぐい使って何かを伝えようとするわけでもなく、そっと何処かが触れ合っている……そんな状態のとき犬はとてもリラックスして幸せを感じています。

すぐに大好きな飼い主のぬくもりを感じながらすやすやと寝息をたて始めるでしょう。

次のページ:犬が眠い時のしぐさ④ 足元を気にしてぐるぐる回る

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP