2017年12月26日

愛犬と電車に乗ることになった際のチェックポイント1/2

大切な家族である愛犬とは、実家に帰省するときも休暇に旅行に行くときも一緒に連れて行きたい方も多いのではないでしょうか。

長距離移動する際には車での移動をお勧めしますが、やむを得ず電車に乗ることもあることかと思います。

犬を連れて電車に乗るときのポイントについてご紹介します。


スポンサーリンク

アニコムバナー①

犬と電車に乗るのはOK?

電車のシートの上に犬がお座りをしている様子 犬が電車に乗っている光景はあまり見かけないため、そもそも犬を乗車させていいのだろうかと疑問に思う人もいるかもしれません。

各鉄道会社の規則をみると、ほとんどに「小動物は乗車可能」とあります。

そのため中型犬や大型犬は特殊なケースを除き乗車できませんが、小型犬であれば電車に乗せることができます。

なお、犬をはじめとした動物は法律上は物として扱われるため、電車では手回り品扱いとなります。

愛犬を電車に乗せる前に

犬がリュックの中に入っている様子 初めて犬を連れて電車に乗るときには前準備が必要です。当日になって慌てることのないように、準備は万全にしておいてください。

利用する鉄道のルールを調べる

鉄道会社によって、犬を乗車させるときのルールはそれぞれ異なります。

指定されているキャリーバッグのサイズなどを確認しておくようにしましょう。

料金はJRの場合は有料ですが、私鉄では無料のところもあります。

キャリーバッグを購入する

利用する鉄道会社の規則を調べたら、条件を満たしたキャリーバッグを購入しましょう。

頭までしっかり隠せるタイプのものを選んでください。

また、キャリーバッグに慣れていない場合は自宅や外出先で練習して事前に慣れさせておきましょう。

トイレを済ませておく

電車の中でトイレをした場合は対応が大変になります。必ず乗車前にトイレを済ませておきましょう。

また、電車に乗る直前に食事をすると酔ってしまう可能性があります。食事は乗車の2時間前までに与えるようにしてください。

最低1度は練習する

電車で長距離移動するときにぶっつけ本番ではやはり心配です。

数駅だけでもいいので、最低1度は練習しておくようにしましょう。

練習するときは、できるだけ人が居ない曜日や時間帯を選んでください。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク

アニコムバナー①


Qpet協力ドクターの紹介
カテゴリー一覧

PAGE TOP