2018年4月27日

犬を飼う上で節約できる3つのこと&節約するべきでないこと1/2

「犬との暮らし、節約できることってある?」

「節約した分で犬とのおでかけを増やしたい!」

そんな風に思う方は少なくないと思いますが、実際にどのように犬を飼ってる方たちは節約しているのか。

また、逆に“節約するべきでない(できない)”点は何なのかについてお話しします。

犬を飼うとかかる費用の平均

小銭と犬の置物 「アレルギーだからフードは変えられない」「自宅でトリミングできる被毛でない」など、ご家庭によってウェイトを置くポイントはさまざま。

そのような犬種や個体差などを抜いた上で、犬の暮らしの平均費用は以下が平均と言われています。(2018年掲載時点)

5,000円~10,000円前後/毎月

主に必要となってくる費用はエサ代(おやつ代も含む)、トリミングやシャンプー代、必要に応じての犬用グッズとなります。

中でもエサ代は費用の大半を占めているご家庭がほとんどです。

月に一回ほどの頻度で必要となるシャンプーも、自宅できるか否で大きな差がでるポイントですよね。

犬との暮らしで簡単に取り組める3つの節約術

トリミング中の犬の足元

節約術①専門学校への協力でトリミング代を節約できる?

意外と知られていませんが、ペットトリマーの専門学校では学生の実習のために丁寧なトリミングを低価格でやってくれるところがあります。

希少犬種で学生さんでは不安、と感じる方にはオススメしませんが、将来のために頑張っている方達が多いので誠意ある対応をしてくれる点は安心です。

また、犬についての専門知識を教えてくれたりもするので有り難いです。

料金は平均して、2,000円~5,000円で一般的な専門店の半額ほどです。

もちろん専門店と同じで担当者と飼い主がお互い信頼できる関係であることが前提ですから、頼む前にしっかり調べて自分の意志で選びましょう。

節約術②犬繋がりの友達(犬友)と協力し合う

知識や設備の整ったペットホテルの利用が一番安心できることは最初に触れておきます。

しかし、犬の性格によっては見知らぬ人、犬に囲まれることで大きなストレスを感じることも。

犬同士も面識もあり、仲良くできるなら尚更心配がないし有り難い話ですよね。

また、急な出張でペットホテルの予約がとれない、という時に一声かけられる存在がいることは飼い主さんにとっても安心できます。

節約という観点からは少しずれますが、犬のことで困った時にお互い協力し合える関係性は積極的に構築しておくべきです。

節約術③通販や馴染みのお店でドッグフードまとめ買い

愛犬の食事は手作りの人もいますし、ドッグフードの方もいますので愛犬の食費も大きく変わってきます。

例えば最寄りのホームセンターやドラッグストアで購入した際の平均は、小型犬だと3,000円ほど、大型犬ともなると8,000~10,000円前後が目安になります。

ですが店舗によってはまとめて購入すると単価が安く済むだけでなく、通販なら送料無料になることも多く、わざわざ自分で重い袋を持って帰る必要がなくなります。

ものによっては1つあたり10%~15%もの割引が効くことがあり定期購入のコースであれば買い忘れもありませんよね。

注意点としては価格だけで選んでまとめ買いしてしまうこと。

もしお得に購入できても、愛犬が食べられないとなると一気に無駄が出る結果になります。

一度は購入したことがある商品、普段愛用しているフードが定着している上で“購入する場所・方法”を新たに検討する、ということです。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。


合わせて読みたい

PAGE TOP