2017年6月13日

犬と海水浴に行く前に考えるべきコトとは?

せっかく海水浴に出かけるなら、愛犬も一緒に連れて行きたいですよね。青い海、白い砂浜、燦々と照りつける太陽、そしてその中ではしゃぎ回る愛犬の姿を想像するとワクワクすると思います。しかし、犬を海水浴に連れて行くには多くのリスクが伴います。

そのことを理解した上で、犬を連れて行くかもう一度考えてみてはいかがでしょうか。

海で犬と遊ぶ際の注意点

陽の当たる砂浜で寝ている犬
海水浴場には、多くの危険が潜んでいます。可愛い愛犬を守るために、注意点を確認しておきましょう。

気温

人間が海へ行きたくなるのは、気温の高い真夏ですよね。しかし、全身が被毛に覆われている犬は人間よりも暑さに弱い生き物です。

特に海では砂浜の熱をダイレクトに浴びることになるため、熱中症には十分に注意しなければいけません。日陰を確保する、水分を用意しておくなど、万全の準備をしておく必要があります。

なお、体が熱い、息遣いが荒い、ふらつくなどの症状が現れたら熱中症になっている可能性があります。水を体にかける、水を飲ませるなどの対処をしましょう。特に、短毛犬や肥満気味の犬、老犬は熱中症になりやすいので要注意です。

誤飲

砂浜にはゴミなど色々なものが落ちているので、誤って飲み込んでしまうことがあります。犬を遊ばせる時は、危険なものを口にしていないかしっかりと見張っておくことが大切です。

足裏へのダメージ

犬の肉球 日差しが強い日の砂浜は非常に温度が高くなっています。人間であればビーチサンダルを履くことができますが、犬は素足のため足裏へのダメージは免れません。足裏が熱いと感じたら犬はサインを出すはずなので、見逃さないようにしましょう。

歩きたがらない、座り込むなどは熱いと感じている証拠なので、日陰に移動するなどの対処をしましょう。

海水

海の中で波と戯れついたりおもちゃで遊んだりすると、知らず知らずのうちに大量の海水を飲んでしまっていることがあります。しかし、海水の飲みすぎは体調を崩す原因になりかねません。

海水中のバクテリアが原因で下痢になってしまったり、稀ではありますがナトリウム中毒になってしまったりします。

そのため、長時間にわたり海の中で遊ばせるのは避けた方が無難だといえるでしょう。

また、海の中で遊ぶと塩分が皮膚に付着します。これを放置すると、皮膚炎を引き起こします。遊んだ後は、しっかりと水で洗い流しましょう。

高波

波打ち際でボール遊びをするミックス犬 どんなに泳ぎが得意な犬でも、高波にさらわれてしまうことがあります。泳ぎが得意だからと安心せずに、ライフジャケットやロングリードで犬の命を守りましょう。できれば両方使用するのがベストです。

海藻や海の生き物

海で最も注意しなければいけない生き物はクラゲです。クラゲは、人間はもちろんのこと犬のことも刺します。場合によっては死に至るので、犬がクラゲに刺されたらすぐに病院へ連れて行きましょう。

また、砂浜に打ち上げられた海藻も要注意です。意外かもしれませんが、これを食べてしまうと胃の中で膨張し、最悪の場合は手術をすることになります。

海で犬と遊ぶ時の規則やマナー

飼い主に連れられて海を走る二匹の小型犬 多くの人が集まる海水浴場では、必ず規則やマナーを守らなければいけません。自分にとっては可愛い愛犬でも、他人にとっては“見知らぬ犬”だということを踏まえた上で、他人に配慮した行動を心がけましょう。

犬を連れて行ける海水浴場を選ぶ

犬の同伴を禁止している海水浴場は少なくありません。犬が立ち入れる海水浴場でも、砂浜だけならOKな場合や季節によって異なる場合、一定の時間帯だけ許可されている場合など海水浴場によってさまざまなルールを設けています。

まずは、海水浴場のホームページで細かい規定を確認しましょう。

リードは離さない

海水浴場には、子どもも含め大勢の人が集まっています。その中には、犬が苦手な人や犬アレルギーの人もいるはずです。

また、浮き輪やビーチボールなど、犬が興味をもちやすく容易に破壊できるものもたくさんあります。他人の迷惑にならないよう、しっかりとリードで繋いでおきましょう。

排泄物の処理をする

当たり前のことですが、排泄物の処理は必ずしなければいけません。これを怠ると、ビーチを大腸菌で汚染することになってしまいます。また、浜辺では人間も裸足で歩きます。他人が嫌な思いをしないように、散歩のとき以上に丁寧に処理を行いましょう。

犬と海に行くときに準備するもの

 ピンクのライフジャケットを着て砂浜に立っている若いブルドッグ 犬と海に行くときには、下記のものをあらかじめ準備しておくと非常に便利です。

犬用のライフジャケット

犬は生まれながらに泳ぎが得意な生き物ですが、それでも危険は伴います。犬用のライフジャケットを着せて、万が一に備えましょう。犬用のライフジャケットには甲羅型とベスト型の2種類があり、甲羅型は犬の体型を選ばないこと、ベスト型は犬に浮力が伝わりやすいことが利点です。

また、「あごのせ」があるタイプのライフジャケットも販売されています。犬が楽に泳ぐことができるので、犬を始めて泳がせる場合にはこちらをおすすめします。

犬用テント

犬の体調管理のために、日差し対策は欠かせません。日陰で休ませる時のために犬用テントを用意しておきましょう。人間用のテントとは違い、すぐに組み立てることができます。1つ持っていると、ピクニックやキャンプでも使用できるのでとても便利です。

犬用日焼け止め

人間と同じで、実は犬も日焼けをします。超短毛種は特に日焼けをしやすく、日焼け対策が欠かせません。また、鼻の頭だけはどんなに毛の長い犬種でも日焼けします。人間用の日焼け止めを使用すると犬が舐めて体調を崩す可能性があるので、犬用の日焼け止めを塗ってあげましょう。

また、皮膚だけではなく被毛も日焼けをします。被毛対策をする場合は、スプレー式の日焼け止めを使用するとよいでしょう。

水用ポリタンク

水道水を貯めておけるように、水用ポリタンクを持参しましょう。これがあれば、海水でびしょびしょになった犬の体を洗い流すことができます。犬もシャワーを使用できる寛大な施設もあるかもしれませんが、他人の迷惑になるのでおすすめできません。

車内に敷くシート

たとえタオルでしっかりと拭いても、犬の被毛を完全に乾かすことはできません。車内で犬がブルブルしたら、かなり広範囲に水や砂などを撒き散らしてしまいます。あらかじめ防水シートなどを車内に敷いておくと、後からの掃除がぐっと楽になるのでおすすめです。

海で遊んだ後のケア

シャンプー中のジャックラッセルテリア 海に行くのであれば、犬のアフターケアも欠かせません。犬の命と健康を管理するのは飼い主の責任だということを忘れず、きちんと入念にケアを行いましょう。

シャンプー

変える前にしっかり水で洗い流したといっても、それだけでは十分ではありません。流しきれなかった塩分や汚れ、砂などをそのままにしておくと皮膚や被毛に悪い影響を与えてしまいます。帰宅したら、しっかりとシャンプーしてあげましょう。

長毛種の場合は洗うのが大変なので、ペット美容院に連れて行くのがおすすめです。海に行った後は確実に汚れを落とすことが大切です。

足の裏のチェック

海辺には石やゴミなど足の裏を傷つける可能性のあるものがたくさん落ちています。帰宅したら、足の裏にダメージを負っていないかを確認しましょう。

傷がある可能性があるのはもちろんのこと、熱で火傷を負っているかもしれません。必要に応じて消毒したり、病院に行ったりしましょう。

耳のチェック

意外と見落としがちなのが、耳のチェックです。水の影響で痒くなったり赤くなったりすることがあるので、よく確認しましょう。なお、犬の体を流す時も耳に水が入らないように注意してくださいね。

まとめ

海に入っている女性を眺めている黒い毛並みの犬 愛犬と一緒に海で遊ぶのは、飼い主にとっては憧れだと思います。しかし、犬を海に連れて行くにはたくさんのリスクがあります。賑わっている海水浴場に連れて行ったら、愛犬が肩身を狭い思いをする可能性だってあります。

海で愛犬が心から楽しめるか、犬から目を離さずに管理することができるか、もう一度しっかり考えてみてくださいね。

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。

PAGE TOP