2017年6月13日

犬と海水浴に行く前に考えるべきコトとは?1/3

海水浴に出かけるなら、愛犬も一緒に連れて行きたいという飼い主も多いのではないでしょうか。

青い海、白い砂浜、燦々と照りつける太陽、その中ではしゃぎ回る愛犬の姿を想像するだけで楽しくなってきます。

しかし、愛犬を海水浴に連れて行くには、いくつかのリスクが伴います。

愛犬と一緒に海に行く際の注意点などをご紹介しますのでご参考ください。


海で犬と遊ぶ際の注意点

陽の当たる砂浜で寝ている犬
海水浴場に潜んでいる危険についてご紹介します。

気温

飼い主が海にお出掛けしたくなるのは、気温の高い真夏ではないでしょうか。しかし、全身が被毛に覆われている犬は人間よりも暑さに弱い生き物です。

特に、海では砂浜の熱を直接浴びることになるので、熱中症に注意しましょう。日陰の確保、十分な水分の用意、熱中症の対策グッズなど、万全の準備をしておく必要があります。

なお、体が熱い、息遣いが荒い、ふらつくなどの症状が現れたら熱中症になっている可能性があります。

水を体にかける、水を飲ませるなどの応急処置をして、動物病院に連れていきましょう。短毛犬や肥満気味の犬、老犬は熱中症になりやすいので要注意です。

誤飲

砂浜にはゴミなど色々なものが落ちているので、誤って飲み込んでしまうことがあります。愛犬を遊ばせる時は、危険なものを口にしていないかしっかりと見張っておく必要があります。

足裏へのダメージ

犬の肉球 日差しが強い日の砂浜は非常に温度が高くなっています。人間であればビーチサンダルを履くことができますが、犬は素足のため足裏へのダメージは免れません。

足裏が熱いと感じたら犬はサインを出すはずなので、見逃さないようにしましょう。

歩きたがらない、座り込むなどは熱いと感じている症状の可能性があるので、日陰に移動するなどの対処をしましょう。

海水

海の中で波と戯れついたりおもちゃで遊んだりすると、知らず知らずの間に大量の海水を飲み込んでしまう可能性があります。しかし、海水の飲みすぎは体調を崩す原因になりかねません。

海水中のバクテリアが原因となって下痢になる可能性や、稀ではありますがナトリウム中毒になる事があります。

そのため、訓練などをしていない場合は、海の中で長時間遊ばせるのは避けた方が無難だといえるでしょう。

また、海の中で遊ぶと塩分が皮膚に付着します。これを放置すると、皮膚炎を引き起こす事があるので、しっかりと水で洗い流すようにしましょう。

高波

波打ち際でボール遊びをするミックス犬 どんなに泳ぎが得意な犬であっても、高波にさらわれてしまう可能性があります。

泳ぎが得意だからと慢心せずに、ライフジャケットやロングリードで愛犬の命を守りましょう。可能であれば両方使用することをお勧めします。

海藻や海の生き物

海で注意しなければいけない生物にクラゲがいます。クラゲは、人間に限らず犬のことも刺します。

場合によっては死に至る可能性もあるので、犬がクラゲに刺されたらすぐに動物病院へ連れて行きましょう。

また、砂浜に打ち上げられた海藻にも注意しましょう。これを食べてしまうと胃の中で膨張するので、最悪の場合は手術での摘出が必要になる場合があります。

この記事が気に入ったら
Qpetに「いいね!」しよう

文:Qpet編集部
犬の病気やしつけ、犬との暮らしに役立つハウツー情報などをお伝えしていきます。
スポンサーリンク



PAGE TOP